年金暮らしなら消費者金融より年金担保貸付がいい?

年金暮らしの人でも借入をしたいときはあると思います。

これから寿命がどんどん延びてますます高齢化社会の時代になり、お金が足りない!と悩む方も増えていくでしょう。

病院にかかったりすると、年金だけでは足りないという場面も多くなるかもしれません。高齢化社会では深刻な問題です。

そんな時に、年金暮らしの人は消費者金融、年金担保貸付のどちらがいいか?解説します。

・70歳以上なら年金担保貸付

消費者金融は銀行カードローンと比べ審査やルールは緩いとされています。

それでも年齢に関するルールとして、69歳以下を必須としている消費者金融が多数です。

70歳以上になると、判断力の低下などを指摘され、契約を行えるのか難しいと判断される為、一律で審査落ちに近い形になります。

年金担保貸付でしたら、このようなルールはありません。

70歳以上の場合でしたら、年金担保貸付を選ぶといいでしょう。

・69歳以下なら消費者金融

年金担保貸付制度は法律で唯一認められた制度ですから、金利も安くお得に借りる事が出来ますが、使い勝手の面では消費者金融に大きく劣ります。

使用使徒を説明する資料が必要で、自由に使う事は出来ません。

融資実行までの日にちも4週間程度必要で、スピード面でも到底資金使途に間に合わない事はあるでしょう。

消費者金融の場合、その日のうちに融資を受ける事ができて、追加の借入や繰り上げ返済にも柔軟に対応してもらえます。

定期預金を解約するつなぎ資金として等、短期間で返せるなら消費者金融を利用するといいでしょう。

69歳を境に年金担保と消費者金融を使い分けてください。

gentdemarratxi