カードローンの審査で確認される家族構成

カードローン審査に申し込みをしたら、自分の家族構成など、どこまで審査されるのか?気になりますよね。

幾つかの質問に答えながらまとめてみました!

 

▼審査の範囲はどこまで?

消費者金融から借り入れをする際に避けて通れない審査は、申込者本人に限られますが、消費者金融においては、家族の情報を登録することが必須ですので、多少なりとも家族構成についての確認があります。そもそも、家族の情報を登録する必要があるのも、申込者本人の返済能力の有無についてを判断するための材料の一つだからであり、家族一人一人について調査することはありません。調査、審査対象はあくまでも申込者本人に限られますので、個人信用情報機関に確認する情報も本人のみの情報となります。

 

▼家族で金融事故の過去がある人がいるのですが、融資を受けられますか?

申込者本人ではなく家族の中に、融資を受けたが返済できずに債務整理をしたことがある人がいる場合、申込者の審査に何か問題はあるのでしょうか?この点に関しては、全く問題ありません。申込者本人に事故履歴があるなら、もちろん借り入れに影響は出てきますが、本人でないのであれば借り入れ審査に影響はありません。消費者金融においては、担保や保証人などが不要であり、借り入れは本人が返済可能な範囲で融資されますから、本人の返済能力だけを審査し、家族の返済能力を問う必要はないのです。

 

▼家族に資産家がいても融資を受けられるか?

前回は、「家族が金融事故を起こした人がいる」という内容でしたが、今回は「家族に資産家がいる」というケースについてです。家族に資産家がいれば審査の評価は高くなるのでは?と思われがちですが、実際には申込者本人が安定した収入が認められない場合には、評価は低くなり、審査を通るのは厳しくなります。あくまでも、申込者本人の返済能力が問われるのです。いくら家族が資産家でも、申込者本人に借金があったり、収入がないのであれば、融資を受けることは厳しくなる。それが、消費者金融の審査であり、本人の返済能力を問うということなのです。

gentdemarratxi