「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」の違いはなに?

「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」は混乱しやすいですが、全く別の業態になります。

このちょっとややこしい、「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」について解説します。

 

・「銀行系キャッシング」は銀行の子会社・関連会社の消費者金融

「銀行系キャッシング」を端的に言うと、銀行の資本が入った消費者金融のことを言います。
アコムなどは過払金請求時代に銀行からの資本注入を受けましたので、銀行系キャッシングと言えるでしょう。
銀行の名前が付いていても、業態は消費者金融ですので貸金業法の適用を受け、総量規制の対象になります。

 

・「銀行キャッシング」は銀行からのキャッシング

「銀行キャッシング」は銀行から直接受けるキャッシングの事を言います。
銀行カードローンと同義といってもいいでしょう。
元々、銀行が個人への貸出事業に進出したときは、「銀行キャッシング」という商品名を多く使う事がありましたが、キャッシングはサラ金のイメージがあったため銀行カードローンに商品名を変更して売り出したのが始まりでした。
現在では「銀行キャッシング」といった商品名を使う銀行は少なくなってきています。
「銀行キャッシング」は銀行からの融資ですので、もちろん貸金業法は適用されず、総量規制の対象外になります。

しかし最近、この銀行カードローンは規制が厳しくなり、即日融資ができなくなったり、審査基準をゆるくして貸し過ぎていた傾向にあり、取り締まりがありました。おそらく審査時間などもしっかり取られ、消費者側としては利用しにくい部分も増えると思われます。

このように「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」の差を理解して、上手にキャッシングして下さい。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ