休職中でもカードローン審査に通過は可能?

休職中には何かと物入りで、カードローンのお世話になりたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

休職中にカードローン審査に通過するかについて解説します。

・休職中から復帰見通しが立っているなら通過する可能性がある

もし仮に来月には休職明けで職場に復帰して、給料を貰える見通しが立っているのであれば審査に通過する可能性は十分にあります。

ただし、在籍確認の電話を行った時に職場の人が休職中である旨を伝えると思われますので、担当者の人に現在休職中であるとの説明をしなければいけません。

休職中であることは審査で必ず伝える様にしてください。しっかりと説明しないと、転職中と判断されるかもしれません。そうなると現在が無職と誤解されてしまうので気をつけましょう。

・給料が出ているなら通過

会社によっては、休職中でも一部の給料を出してくれる場合は多いです。

その場合はその旨をカードローン会社に伝えるといいでしょう。

収入としてカウントされますので、その分だけ審査において有利になります。

・上記以外だと厳しい

休職中で復帰の見通しが立っていなく更に会社から給料が出ていない場合、カードローン審査はかなりの不利を被ります。

その間の年収が無く在籍確認も出来ませんので休職中と説明しても、失業中に近いと採点されるでしょう。

この場合は総量規制の影響がない銀行カードローンや、大手消費者金融よりもハードルが低い中小消費者金融を狙ってみると活路が見えるかもしれません。

休職中のカードローン審査は難航するでしょうが、必ずしも審査落ちするわけではありません。

キチンと説明して、上手く審査を切り抜けてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ