毎月最低返済額だけの返済で元本が減らない人のカードローン対策はある?

毎月最低返済額の返済をしているのに、元本が全くと言っていいくらい減らない状況になっていませんか。
最低返済額だけで繰り上げ返済が出来ない状態だと、カードローン対策を立てなければいけません。
毎月最低返済をしていても元本が減らない人に向けて、使えるカードローン対策をご紹介します。

・元利均等返済方式でシミュレーションしてみる
カードローン対策を実行する前に、元利均等返済方式で3〜5年間で完済する様に数値を入れて、毎月の返済額をシミュレーションしてみてください。
毎月の返済額が、どんなにやりくりしても捻出できない様なら既に多重債務者の状態になっています。
毎月最低返済額を入金し続けても抜本的な解決には至りませんので、早急なカードローン対策に移ってください。

・債務整理を検討する
多重債務の状態で返済を続けても、元本の減りのスピードは遅く完済には近づきません。
思い切って専門家に相談する様にしてください。
専門家でしたら、自己破産や任意整理などあなたの状況にあった解決策を提示してくれるはずです。
特に毎月最低返済額しか入金出来ない状態なら自己破産で借金をゼロにする事が可能で、最も効率の高いカードローン対策になります。

・債務整理をしても不便は5年間から10年間
債務整理をしたら色々不便になると感じているかもしれませんが、多くの人が考えている不安よりは不便にはなりません。
信用情報機関に記録されるので、キャッシングやクレジットカードの審査は5年間通らなくなります(銀行の審査は10年間)が、それ以外では住所を制限される事もなく普通に生活できます。

毎月最低返済額で手が一杯の場合は、抜本的解決が出来るカードローン対策が必要です。
早めの対策が功を奏しますので、是非カードローン対策の実行を行ってください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ