ブラックリスト扱いの事故情報が消えるのはいつ?履歴クリアになる期間

ブラックリストという言葉は正確な定義がないので難しいですが「信用情報に記載されている延滞などの履歴」ということに限って言えば大体5年程度を目安に消去されます。

そもそも信用情報には、利用した商品の名前や利用額、返済状況などの他に、個人を特定するための住所氏名年齢などの個人情報、そして信用情報をいつ利用したか(いつ企業から請求されたか)と言った利用履歴が書かれています。

その中でも商品の利用状況や返済、いつ完済したかなど信用情報の中でも特に重要な情報については契約終了から5年間を保管期間としており、5年を過ぎた情報から順次削除されていきます。それ以外のそこまで重要ではない情報については半年をめどに更新され消去されるとされています。

ですからブラックリストを「信用情報に乗った事故情報(滞納、自己破産など)」と定義するのであれば5年で履歴がクリアになるといえます。

ただしブラックリストとして「企業内で記録されている利用履歴」も含める方がいるのですが、これについては会社によって異なるということしか言えません。

ただ現代はコンピュターなどを使い簡単に大量のデータを保存、管理することができるのでほぼ一生残ると考えても良いのでは、という人もいます。

また信用情報に一切記載がない「ホワイト」と呼ばれる人も利用しにくいのではないか、と言われているので5年過ぎたからと言って実際に審査に通るというわけではないとは理解しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ