個人再生はCICに掲載されるって本当?!掲載期間はどれくらい?

個人再生は債務整理の中でもちょっと特殊な債務整理方法です。

個人再生を行うと、信用情報機関のCICに掲載されるのでしょうか。

掲載期間と共に解説します。

・個人再生でもCICに掲載されます。

自己破産ではCICに掲載されますが、個人再生でもCICに掲載されます。

CICには最後、その債務がどうなったかがわかるように「終了状況」と言う項目があり、個人再生を行った場合は、「法的免責」や「本人以外弁済」といったワードが記録されます。

・任意整理は記録されない

個人再生よりよりマイルドな任意整理という債務整理方法があります。

任意整理では借金の返済期間を長期化するなどして、債務の法的免責を受けているわけではありませんので、CICに法的免責を受けたことは記録されません。

ただし、保証会社から代位弁済を受けた場合は「本人以外弁済」など別の記録がされる為、任意整理を実行した事は結果的にCICから把握できてしまいます。

もう一つのカードローン会社が使う信用情報機関JICCでは任意整理が把握できるよう作られています。

CICの保存期間は5年間

個人再生を行った記録はCICの場合、5年間が保存期間になっています。

JICCも同じく5年間ですので、理屈の上では5年後には消費者金融からのキャッシングや、クレジットカードを作る事ができるようになります。

ただし、銀行が使う信用情報銀行となる全国銀行個人信用情報センターは裁判所からの免責情報を10年間保存していますので、その期間は住宅ローンや銀行カードローン審査に通過しなくなります。

個人再生は自己破産と同じで不便が付きまといます。

今後の不便も理解しながら、債務整理を行うか決定してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ