信用情報の開示はカードローン審査に影響がない?その理由は?

信用情報を開示すると、信用情報機関に記録が残るとされています。

ご自分の過去の履歴情報を知ることで、消費者金融などカードローンの申込み対策ができるのでとてもオススメです。

しかし、この信用情報開示した記録、カードローン審査には影響が無いのでしょうか。

信用情報機関の情報開示について解説していきます。

・信用情報機関は誰が開示したかわかるようになっている

信用情報機関のあなたの情報にアクセスすると、アクセスした金融機関のネームが記録として残るようになっています。

金融機関はこのアクセスした記録を見て、いま現在あなたが審査中でないか把握することが可能です。

あなた自身が開示した情報も記録されています。

・自分の信用情報開示はカードローン審査に影響を与えない

自分の信用情報を開示すれば、自分が信用情報を開示した記録が残ります。

カードローン業者はその情報をみても、特にプラスにもマイナスにも捉えません。

「信用情報機関の開示を知っているなんて、マメな人だな」といった印象を与えるだけです。

審査に与える影響は皆無と言えるでしょう。

・信用情報開示記録は6ヶ月経てば消える

信用情報開示記録は永久に保存され続ける訳ではありません。

信用情報開示記録の保存期間は6ヶ月間です。

6ヶ月経てば綺麗サッパリ元の状態に戻ります。

申し込みブラックと言う状態も、最初の所を落ちてから3~6か月程度期間を空ければ影響は出なくなります。

自身の信用情報開示記録は影響を与えません。

情報開示をしておくと、自分が忘れていた延滞が見つかる事も。

気にせず信用情報開示をしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ