母子(父子)家庭でも在籍確認を省いて融資を受ける方法

▼母子(父子)家庭でも借り入れは可能です


一人で子育てをしている方にとって、家賃や生活費、教育費などの出費は頭を抱える問題の一つです。さらには、緊急の出費で冠婚葬祭や入院などがあると非常に厳しくなります。かといって、気軽に誰かに借りられるような問題でもありません。

ひとまず今の支払いをすませられたら次の給与で精算ができるというような時などに、カードローンなどのキャッシングが便利なのですが、テレビのCMなどで知られているようなところは、片親家庭では融資を受けられないイメージが先行しています。

しかし、片親家庭の方でも、安定した継続的な収入がある方であれば、借り入れする条件を十分に満たしており、融資を受けることが可能です。とはいえ、そんな方もキャッシングしていることを誰にも知られたくないはず。そんなサービスがあるカードローンはあるのでしょうか。

▼プロミスは勤務先への電話での在籍確認を避けて、借り入れ可能!


どのカードローン会社も審査の一つに、申告された勤務先に本当に在籍をしているかどうかの確認をとる項目があります。

多くの会社が電話での在籍確認なのですが、勤め先にカードローン会社からの電話だと知られないよう徹底されています。会社名ではなく、個人名での問い合わせになり、個人情報は厳守されます。

とはいえ、普段の業務内容から個人宛に電話がかかって来ることがないような人は、電話があるだけで怪しまれてしまう事もあるため、電話での在籍確認をどうにか避けたいという要望が増えてきました。

こうした要望に応えてくれたのが、プロミスです。プロミスのサービスで嬉しい点が、まず片親家庭でも収入が安定してあれば借り入れ可能であり、初めての利用であれば30日間は無利息で借り入れできます。

そして、在籍確認についてですが、申し込み直後にコールセンターのオペレーターに、「勤務先への電話はしないでほしい」という事を伝えることで、他の方法での在籍確認をしてもらえます。

勤務先にキャッシングのことを知られずに借り入れしたいという方には、非常に有難いサービスがあるのがプロミスです。

▼電話での在籍確認なしが可能な2つの申し込み方法


初回利用なら30日間は無利息で借り入れが可能で、最短即日融資のプロミスは非常に人気です。近年普及しているインターネットからの申し込みもできるようになり、誰かに知られる心配もないことから、利用者が急増しています。

また、収入が少ないような主婦や学生などの顧客の割合が増えている傾向にあり、数年前の「高額を長期間借り入れする」という形態から、「少額借り入れし、短期間で返済する」というスタイルに変わってきています。

借り入れから返済までスマホで全て完了できるシステムは、カードローンをより身近にしているグッドサービスですね。そのような多様化しているカードローン業界でも、多大な支持を集めているのがプロミス。

利用者に寄り添ったサービスがあるからこその支持だと思えるのが、ネットからの申し込み方法からも垣間見得ます。

初めてネットからの申し込みをする方にもわかりやすいよう、「フル入力で申し込み」「カンタン入力でお申し込み」の2タイプから選択が可能で、ネット利用が不安な人にも安心してもらえるシステムになっています。

さらに、「カンタン入力」の場合には、申し込み後にプロミスのオペレーターから詳細確認の電話があり、その時に勤務先への電話をかけないでほしいなどの要望を伝えてもらうことで、他の確認方法を案内してもらうことができます。

身分証明書の提出についても、ネットからの申し込みであれば、カメラで撮影したものを添付するだけで完了です。このようなサービスのおかげで、審査時間の短縮になり、さらに「どこでも」「いつでも」「誰にも知られることなく」申し込みが可能になりました。

さらに、3秒でできる「借り入れ診断」という、借り入れ可能かどうかの簡単審査も公式サイトで手軽にできるようになっています。

年金暮らしなら消費者金融より年金担保貸付がいい?

年金暮らしの人でも借入をしたいときはあると思います。

これから寿命がどんどん延びてますます高齢化社会の時代になり、お金が足りない!と悩む方も増えていくでしょう。

そんな時に、年金暮らしの人は消費者金融、年金担保貸付のどちらがいいか?解説します。

 

 

・70歳以上なら年金担保貸付

消費者金融は銀行カードローンと比べ審査やルールは緩いとされています。

それでも年齢に関するルールとして、69歳以下を必須としている消費者金融が多数です。

70歳以上になると、判断力の低下などを指摘され、契約を行えるのか難しいと判断される為、一律で審査落ちに近い形になります。

 

年金担保貸付でしたら、このようなルールはありません。
70歳以上の場合でしたら、年金担保貸付を選ぶといいでしょう。

 

 

・69歳以下なら消費者金融

年金担保貸付制度は法律で唯一認められた制度ですから、金利も安くお得に借りる事が出来ますが、使い勝手の面では消費者金融に大きく劣ります。

使用使徒を説明する資料が必要で、自由に使う事は出来ません。
融資実行までの日にちも4週間程度必要で、スピード面でも到底資金使途に間に合わない事はあるでしょう。

 

消費者金融の場合、その日のうちに融資を受ける事ができて、追加の借入や繰り上げ返済にも柔軟に対応してもらえます。
定期預金を解約するつなぎ資金として等、短期間で返せるなら消費者金融を利用するといいでしょう。

69歳を境に年金担保と消費者金融を使い分けてください。