消費者金融の始まり

手持ちの資産を有効活用するためにも、消費者金融をうまく利用することは今や当たり前になっています。

計画的に利用することできれば、かなり有効な資産運用をすることが可能になります。

一昔前には、消費者金融からの借り入れというのはあまり良くないイメージがありましたが、近年はテレビのCMのイメージやネットの普及もあり、手軽に誰もが借り入れ可能な身近なものになりました。

大手の消費者金融、アコムやプロミス、モビット等は全て銀行系の消費者金融になっていますし、こうした背景も利用者から見れば安心ポイントとなりますよね。一昔前の「街金」や「高利貸し」なイメージは払拭されたような感じです。

では、この消費者金融はいつからあったのでしょうか?

また、どのようにして現在の身近なものになっていったのでしょうか?

始まりは個人への融資からで、1929年に遡ります。当時の日本昼夜銀行(のちに安田銀行に吸収される)が、官庁や銀行勤務の人を対象に融資し始まりました。

その翌年(1930年)には、三井銀行が自社の社員限定で融資を始め、個人向け融資の先駆けとなったのです。

しかし、太平洋戦争直後には、産業投資に重きが置かれ、個人向け融資はしばらく滞ることになります。

個人向け融資が再開されたのは、1950年代半ばになります。信用金庫などの中小規模の金融機関を先頭に、個人向けの融資事業が普及していきます。

そして1960年に入ると金融の自由化が後押しし、多くの金融機関が個人向け融資事業を手がけるようになり、一気に消費者金融ブームになったのです。

1950年代半ばから始まったサラリーマン対象の小口金融は、日本信販、現在のSMBCコンシューマファイナンス(当時、三洋商事)、関西金融が手掛けており、これが現在の消費者金融の先駆けとなっています。

きちんと返済をしていれば全く怖くない消費者金融。今やクレジットカードのキャッシングとそんなに利息も変わりませんし、無利息サービスを始めとし、クレカで借りるよりも便利なサービスが色々あるのが消費者金融の強みです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ