プロミスへの返済が遅れそうな時はどうする?

プロミスへの返済が遅れそうな時はどうする?遅れた理由は説明したほうが良いのでしょうか?

プロミスから借入した後は期日までに指定以上の金額を返済することが必要です。

しかし何らかの事情で返済期日までに遅れそうなことがありました。

そんな時は如何したら良いのか、遅れた理由を説明したほうが良いのか解説していきます。

●返済に遅れそうな時の対処法は?

返済期日に遅れてしまうとプロミスから催促の電話がかかってくることが多いです。

連絡が取れなくなると著しく信用が落ちてしまうため、遅れそうな時は事前にプロミスへ電話連絡して下さい。

連絡先はプロミスコール「0120-24-0365」となっています。

事前相談の結果、返済額の減額や返済期日の延長などに応じて貰える可能性があるのです。

応じて貰えたとしても利息以上の支払は必要ですが、全く返済しないよりマシと言えるでしょう。

●言い訳の仕方は?

中には返済に遅れた理由を電話相談時に伝える人が見られます。

しかしプロミスにとってはどんな理由であっても言い訳となるのです。

遅れた理由を説明するのではなく、いつまでに返済できるのか説明したほうが良いでしょう。

●専門家に相談

返済が困難になった場合は専門家に相談するという対処方法もあります。

将来利息のカットや遅延損害金のカット、3年での分割返済などに応じて貰えるよう、専門家が間に入ってプロミスと交渉するのです。

この手続きのことを任意整理と呼んでおり、借金問題で困っている人の多くで利用しています。

ただしブラックリストに掲載されてしまうために注意が必要です。

専門家への相談料や着手金、報酬金についても考えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ