お金を借りる時の審査内容の基準は?

カードローンの審査基準について

お金を借りる時に気になるのが、果たして消費者金融の審査に通るかどうかではないでしょうか。

即日審査完了のところも増えていますが、一週間程度時間がかかる消費者金融も有ります。

その審査の内容が解れば対策が立てられますが、詳しいことは消費者金融によって審査基準が違うので難しいです。

大まかに分けると以下の通りになります。

1.他の金融機関から借り入れをしているかどうか。

その借り入れや返済状況はどうなっているか。

借り入れたお金の使用目的。

2.住居について、持ち家でローン返済中かどうか。

名義などもチェックされます。

社宅や賃貸住宅なら居住年数なども参考にされます。

家賃や住宅ローンの金額が多いと返済能力が低いと見なされます。

すでに他社の金融機関からの借り入れがあるかどうかも審査の対象になります。

月々の返済の負担が増えることになるので、月収とのバランスで審査に通らない可能性があります。ただ、それ以外の審査内容に問題がなければ、別な可能性として「おまとめローン」の提案があるかもしれません。

固定電話を引いているかどうかも、長期的に居住する意志があるかどうかの見極めになります。しかし最近では固定電話を設置していない家庭も増えてきました。他の審査内容に問題なければ、携帯電話の番号だけでも大丈夫です。

3.勤務先について

役職や年収、勤続年数など調べられます。

特に勤続年数は重要です。転職が多いと大手企業に勤務していても、また年収が多くても不利になることもあります。逆に言えば年収が少なくても勤続年数がたっぷりあると、信頼度は高くなります。

アルバイトやパートの方でも勤続年数が長い方はそれだけ総量規制の範囲内で多く借りることができますし、場合によっては金利も低く設定してもらえることもあります。

4.本人の情報では男性か女性か、既婚か未婚かでも貸し付け可能額が変わってきます。

家族が他にいるかどうかもポイントになります。

独身の方では借金を踏み倒す確率が高いと判断されているようです。

家族持ちは社会的責任感が強いのできちんと返済する人が多いと判断されます。

また日本の国籍の人に限られます。

以上の事を踏まえて、返済能力が高いかどうかを見極められているのです。

審査基準まとめ

ある程度勤続年数を積んで収入があり、一つのところに住み続け、他から多くの借り入れをしていない日本人であればある程度問題なく融資は受けられると言えるでしょう。

消費者金融はこういった個人の信用情報のデータをCICやJICC等の信用情報機関にて照会し、即時審査に用いてるようです。この専門機関はクレジットカード会社や銀行など含むほとんどのキャッシング・カードローンの金融業者で照会されていますが、それ以外にもスマホなどの支払い情報も掲載されてるようですので、支払いの遅延には気を付けたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ