気になる審査「職場への在籍確認の電話」について

消費者金融でキャッシングを申し込む際に、最も気になるのが【職場への在籍確認の電話】ではないでしょうか。

CMで数多く流れている大手の消費者金融でも、やはり借金には変わりありませんからそういうイメージは良くないとお考えの方もいらっしゃいます。

利用することも周囲にはバレないようにしたいと考えるのも仕方ありません。消費者金融の社名で職場に確認の電話がかかってくることを考えると不安になるのも無理はありません。

ですが、消費者金融は貸金業者ですから、守秘義務があり第三者に契約の情報を漏らしてはいけないという貸金業法というのもありますので、必ず担当者の個人名で電話をかけてくることになっています。

それでも不安なんですが?

それでも、消費者金融の利用を疑われることを不安に感じる方は、電話確認以外の在籍確認の方法をお願いしましょう。代替案を提示してくれるので、電話確認を回避する可能性も出てきますので、まずはその旨を伝えましょう。

では、在籍確認の電話を回避できる代替案とはなんでしょうか?

審査の最初の段階で提示した免許証等以外に、記載した勤務先に在籍していると証明できるものを、インターネットで送ることでクリアになります。社会保険証、社員証や直近の給与明細などです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ