就職したばかりで勤続年数が短いけどカードローンやキャッシング可能?

就職したばかり、新生活では色々な付き合いが発生し、出費がかさむものです。

そんな時に頼りたくなるのはカードローンですが、ネックとなりそうなのは勤続年数の短さと言われています。

カードローンやキャッシングは勤続年数が短くても可能なのかについて解説します。

・勤続年数ではなく総合評価

カードローンやキャッシングの審査は勤続年数ばかり見ているわけではありません。

勤続年数は審査においての1つの項目で、年収、雇用形態、居住年数、家族構成など様々な視点で見ていきます。

勤続年数では点数は稼げませんが、その他の点数を稼ぐ審査通過は成し遂げられるのです。

・就職したばかりだと勤続年数より年収証明が難しい

カードローンやキャッシングには年収証明を出さなければいけないことがあります。

通常は源泉徴収票を就職証明として使いますが、就職して年末調整をしてない限りは中々そうもいきません。

月の給与明細で年収証明としてくれるカードローン、キャッシングを探しましょう。

・就職したばかりの時は希望額を控えめに

就職したばかりの場合、勤続年数面で審査に不利になることは確実です。

収入証明も難しくなりますから、なるべく法律上収入証明が要らない範囲で希望額を申し込みましょう。

他社から借入のない状態で50万円以内であれば、法律上は収入証明の提出義務はありません。

就職したばかりだからといって、審査に通らないことはないようです。

ただし、勤続年数の短さはやはりネックになりますので、なるべく希望額は控えめにするといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ