カードローンとキャッシングのリボ払いの違いは何?

カードローンとキャッシングにおいてリボ払いについては、微妙な違いがあるのをご存知ですか。

リボ払いでのカードローンとキャッシングの違いについて解説します。

・カードローンとキャッシングのリボ払いの違い

銀行カードローンのリボ払いは残高スライド方式、正式名称では「元利均等残高スライドリボ払い方式」が主流です。

消費者金融からのキャッシングも同じく「元利均等残高スライドリボ払い方式」が主流になっています。

どちらもリボ払いですので、最低返済額を返済できていればその月の返済は終わります。

ただ、両方を利用している人であるならば気づいている人もいると思いますが、銀行カードローンのリボ払いの方が、消費者金融キャッシングのリボ払いよりも最低返済額が少なく設定されています。

・なんでリボ払いの最低返済額に違いがあるのか

銀行カードローンのリボ払いと消費者金融キャッシングのリボ払い、なぜ最低返済額に違いがあるのでしょうか。

実は消費者金融キャッシングのリボ払いは貸金業協会によって最低返済額が業界ルールである程度決められています。

そのため毎月の最低返済額の引き下げ競争が起こりにくく、リボ払いの返済額は下がりすぎていません。

一方で銀行カードローンのリボ払いには業界団体のこれと言ったルールは無く、最低返済額は銀行側が自由に決めます。

銀行によっては返済期間が長期化したほうが利息は稼げますので、最低返済額を金利支払いギリギリ近くまで低く設定している所があります。

当然、最低返済額だけの返済を続けていても、元本の減りは緩やかになってしまいます。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングのリボ払い、何が違うのかまとめると設定が違ってきています。

銀行カードローンのリボ払いに任せておくと返済が長期化しますので、なるべく繰り上げ返済を行うようにして下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ