カードローンは誰でも借り入れ可能?審査を無事に通過するポイント

カードローンには審査が必ずあり、申し込み条件を満たしたうえで申し込む必要があります。

その審査を通過できなければ、借り入れをすることはできません。この審査基準は各社で異なり、内容を知ることはできません。

実際の内容を知ることができなくても、審査によく落ちる人というのはいます。

そのカードローンの審査内容についてと、審査に通過しやすくするための工夫できる点について、これからご紹介していきます。

▼カードローンの審査内容は?仮審査と本審査の二つが存在する?

一般的に、カードローンの審査順序として、まず仮審査があって、次に本審査が行われます。

仮審査では、申し込み基準を満たしているかどうかを、システム化されたもので素早く判断し、処理されていきます。

申し込み可能な年齢に満たしていない人が申し込んだ場合には、この時点で次の審査に進むことはできません。

仮審査を通過後、本審査では人的判断が必要となりますので、各担当者が書類関係(本人確認書類や収入証明書類など)や信用情報を元に、属性審査や信用情報の判断・審査を行なっていきます。

この審査に要する時間は、各社で異なりますが、大手消費者金融なら最短30分、早い銀行だとその日のうちに審査を終え、実際に融資を受けることができます。

▼カードローン審査で有利な人の特徴は?

属性審査でのポイント カードローン審査でよく耳にする「属性審査」。

これは、職業や勤務先の会社規模、勤続年数、収入、家族構成、居住年数などの情報から判断されます。

この有利になりやすい属性とはどんなものなのかご説明いたします。

属性の評価が高いとされている人は、例えば、正社員や公務員、勤続年数が長い、居住年数が長い、持ち家であるといったような人です。

とはいえ、このような属性でない人でも審査を通過できる可能性は十分にあります。

会社によって属性審査の重視ポイントは異なりますので、仮に他社で通過できなくても、次の会社に申し込んだら通過できたということもあります。まずは、申し込んでみましょう。

▼属性は高い評価なのに審査に落ちる理由〜信用情報の重要度〜

属性評価が高いとされている、長い勤続年数や住居が持ち家などの正社員でも、審査に通過できないことはあります。

このように属性でいうと完璧なのに審査に通過できないという人は、信用情報に問題があることが多いです。

信用情報とは、クレジットカードやローンの利用・返済履歴・申し込み状況、自己破産などの債務整理の有無の履歴のことです。

これらは、信用情報機関というところで情報が集められ管理されています。

カードローン会社などは、この情報を閲覧することができ、これを元に審査を行います。

延滞などの場合、最長5年間は信用情報に記録されます。

また、審査に通過しやすくするには融資希望額を高額にしすぎないことが大切です。

自分の信用情報を確認する方法や審査に通過しやすくなるカードローン会社の選別方法、カードローン審査にあたって重要視されるところ!

審査を受けるにあたっての対策と留意しておきたいところを徹底解説していきます!

最長5年間記録される信用情報、5年よりも早い段階で情報が消えることはあるのか?

日本の信用情報機関は3社!CIC、JICC、KSCとあるが、各社で情報登録期間が異なります。

延滞の情報は、CICとKSCだと5年登録だが、JICCだとたったの1年!

サブコンテンツ

このページの先頭へ