キャッシング・カードローンの審査で収入証明書類を不要にする方法は?

キャッシング・カードローンの審査を受ける時に必要なのが本人確認書類です。

運転免許証、パスポート、健康保険証などの書類で本人確認を行っています。

その他にも源泉徴収票、給与明細書など収入証明書類の提出が求められる事があります。

準備ができない場合は提出不要にする事が可能です。

〇 希望の利用限度額を抑える

貸金業者のキャッシング・カードローンは総量規制の対象です。

原則年収3分の1までと決められているため、貸金業者では収入を確認するために収入証明書類の提出を求めています。

しかし提出が求められるのは1社の利用限度額50万円超の場合です。

50万円以下であれば収入証明書類の提出が不要になります。

収入証明書類の準備ができない場合は希望の利用限度額を50万円以下に設定して申し込みして下さい。

収入に対して必要以上に高く設定すると審査が厳しくなってしまうため、必要最低限の利用限度額を設定すると良いでしょう。

〇 他社からの借入額が多い場合

キャッシング・カードローンの利用限度額と他貸金業者の借入額との合計が100万円を超える場合は収入証明書類の提出が求められます。

他社借入額が多い場合は提出が必要になる事があるために注意が必要です。

合計100万円を超えないように申し込みを行って下さい。

〇 3年に1度収入証明書の提出が必要

収入状況が変わっていないか、貸金業者では3年に1回、収入証明書の提出を求めている場合があります。

既に提出済みであっても3年以上過ぎたら再提出が必要です。

提出できなかった場合は利用限度額が下げられる、借入ができなくなる可能性があります。

〇 まとめ

3年に1度の場合は新規申し込み時と違い、時間的には余裕があるはずです。

収入証明書を提出しないからといって一括請求される訳ではありませんが、求められた時は応じたほうが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ