カードローンにおける途上与信とは?具体的な仕組みを説明

途上与信という言葉をご存知でしょうか。

今回はカードローンにおける途上与信の具体的な仕組みを説明していきます。

・途上与信とは

与信とはあなたに与えられている信用の枠のことをいいます。

この与信は一度与えられたら永久に続く訳でなく、途中であなたの借り入れ状況等を見て必要があれば変更を行います。

この事を途上与信といいます。

・途上与信の具体的な仕組み

途上与信による見直しは、信用情報機関の情報をみて定期的に行なっています。

頻度は大手消費者金融であれば3ヶ月に1度、銀行カードローンでも半年に1度位の頻度で行われている様です。

仮に途上与信の見直し時に新たな借入が発生した場合、あなたに与えられている与信枠を削減したりするなどの措置を行うことがあります。

・他社の延滞もバレる

この途上与信の見直し、信用情報機関のチェックを行うわけですから、他社の借入を延滞していると当然その事実は把握されます。

他社の延滞を確認した金融機関は、自身の貸付金を保全するために枠の削減や場合によっては一括返済を求める可能性があるのです。

途上与信の見直しのせいで、1社の焦げ付きが全社に広がる事もありますので、途上与信の事を頭に入れ延滞は行わないようにしましょう。

与信は永久的に与えられているわけではありません。

一定期間経過後に途上与信は見直されていますので、利用の際も注意しながら利用する様にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ